Feed

2022/5/17 補助金活用セミナー(無料)

  • #News

企業のブランデッドムービー制作に補助金が出るって話、ご存知ですか?
昨年もご紹介しましたが、これは国の補助金施策のお話で、正式な名前は「コンテンツグローバル需要創出促進・基盤強化事業費補助金によるデジタル配信を念頭に置いたストーリー性のある映像の制作・発信を行う事業の支援(J-LOD⑤)」。
つまり「ブラディング目的の”共感系動画”の制作とWEB配信にかかるお金を支援しますよ。」という2020年度から始まったうれしい経済産業省の施策です。
2022年度も既に募集を開始しており、申請期限は2022年9月30日まで(補助金の予算なくなり次第終了)。

この度、本施策に関するオンラインセミナーが実施されることになりました。
ブランデッドムービーの制作を考えているご担当者さま、補助金について詳しく知りたいご担当者さまは、
2022年5月17日(火)宣伝会議主催の無料ウェビナー「J-LOD(5)補助金活用のためのブランデッドコンテンツカンファレンス」を視聴されてはいかがでしょうか。

昨年度、合計4企業の補助金活用のお手伝いをさせていただいた右脳事件も、僭越ながら第3部で講演させていただきます。


J-LOD(5)補助金活用のためのブランデッドコンテンツカンファレンス

<セミナー主旨>

本セミナーでは、前年度の採択事例からみるJ-LOD(5)の活用法について、第1部 講演と第2部 パネルディスカッションに分けてお伝えします。第3部では、クリエイターが語る制作のポイントなどを解説します。

メディアに依存しないコンテンツ流通が可能になった今、プッシュ型の広告は届きにくくなり、企業と社会のコミュニケーションも“共感されるストーリー”が軸となりつつあります。
そのような流れはコンテンツ制作者や産業全体にとっても大きなチャンスととらえ、経済産業省が2020年度から導入したのが「ストーリー性のある映像制作・発信を行う事業の支援(J-LOD(5))です。
特にデジタル配信を伴う映像はグローバルでも発信でき、媒体費を持たない中小企業や自治体の活用も広がっています。本カンファレンスでは重要性を増している「ブランデッドコンテンツ」の定義、そしてJ-LOD(5)の活用法などこれまでの採択事例を交えながら解説します。

セミナー収録終わって安堵の表情

 

<セミナー日時>

2022年5月17日(火)13:30〜15:00

<セミナー申込み>

https://www.sendenkaigi.com/event/branded-content2205/

 

先日、収録してきました(右:弊社代表の影山、左:プロデューサー森永)

お問合せ

右脳事件では、本補助金を申請しブランデッドムービーの制作をしたいというお客様の企画・制作・配信部分についてトータルでサポートさせていただきます。(申請自体はお客様にて実施いただきます。)

昨年度実績ではお手伝いした全ての企業様で補助金申請が採択されました。

申請が早ければ、万が一採択されなくても期間内なら何度でもチャレンジできます。採択される前提で一緒に動いていきましょう!

ご相談・お問合せはこちらからお気軽にどうぞ。

CSO / Marketer

KOMIYAMA Ayumi

込山 あゆみ

Page TOP
右脳事件